ピカソプロジェクト | こどもの豊かな創造性と表現を引き出すアート教育

お知らせ

【北の国から日記】世界を重ねる

【世界を重ねる】

北の国からこんにちは!
あすか先生です。

今回は、いくつも世界を重ねていこう!
という遊びです。

用意したのは、土台になる画用紙と、
クリアファイルを切ったもの。

まずは画用紙に、土台になる世界を描きます。
はじめはシンプルなほうがいいよーと
お伝えし、みんな自由に描き始めました。

そこに重ねる透明な世界。
どんどん絵を重ねて、世界を上書きすると
始めの世界がどんどんたのしくなります!

賑やかになるお花畑。

イベントを駆け抜ける非常口くん。

元あった絵を生かしつつ、
次の完成形をイメージして加えていく。

ちょっと難しいかなー?と思いましたが、
幼稚園生まで楽しそうに遊んでくれました!

しまいには
「先生、もっとやりたい」
「透明なの足りない!」
と惜しむ声も。うれしい・・・(じーん+*)

余談ですが。
今回使ったクリアファイル、
重ねるほど、透明なはずなのに白くかすんでくるんです。

これって「空気」の仕組みと一緒だなと思いました。
遠くのものはかすんで見える。
近くの物はクリアに見える。

透明のはずなのに、不思議だ。

透明で遊ぶって、可能性が無限大!
もっともっと模索しようとおもう、
平岡教室でした^^

カテゴリ

アーカイブ

2024

2023

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2011