ピカソプロジェクト | こどもの豊かな創造性と表現を引き出すアート教育

お知らせ

エデュケーター講座を受けて

140110a エデュケーター講座を受けて

 

こんにちは。

ご縁があってエデュセンスのスタッフになりました山本あずさです。

主に経理担当、メルマガの編集やこちらのサイトの管理にも少し携わっております。

先日、以前から受けたいと思っていた『エデュケーター講座』をようやくスタートすることができました。
講座の感想を述べる前に、まずは簡単に自己紹介させていただきます(*^▽^*)

 

☆山本あずさ☆

3歳よりクラシックバレエを始める。
現在、藤原バレエアカデミーにて教師を務めながら日々踊りを探究中。
プライベートでは2男児の母。
同じような環境のママ達にバレエを知ってもらうべく
『ママとベビーの初めてのダンス♪』クラスを開設。
親子で楽しくリズムに合わせて体を動かしながら、バレエに触れてもらったり
ママ達のストレッチや育児の悩みなどを話し合う時間を設けています。

 

 

エデュセンスとはカラーリストの脇田の紹介で出会いました。
こどもを指導する立場にある私にはとっても魅力的な点、共感できる点があり、
自分の勉強にもなるだろうという思いから、仲間に入らせてもらいました。

 

さて、7月に設立したエデュセンス。
そこから早くも6カ月。

私は裏方としてエデュセンスの『ピカソプロジェクト』を見ているだけで
その内容や理念を深く理解はしていませんでした。

ホームページなどから得られる情報を皆さんと同じように知っていただけ。
スタッフとして、もっと詳しく知っておくべきだという思いと、
自分の指導のため、子育てのため、受講させてもらうことになりました。

 

最初の講義は『エデュセンスの「ピカソプロジェクト」とは?』
こちらの講座、タイトルをつけるのが難しいようで、試行錯誤をしています(笑)。
後日またタイトルが変わっているかもしれませんので悪しからず…m(__)m

 

エデュケーターとして1番大切な10か条や、8つの知性は自我によって統括されているなど
理論的、専門的な面はもちろん、エデュセンスが提唱している“五感”についても詳しく教えてもらいました。

 

“五感”=視覚・嗅覚・味覚・聴覚・触覚

 

これらすべてを使って経験を積むことで表現力が豊かになる…
おぉ、納得!!と、このひと言につきました。

 

自分の幼い頃のバレエの記憶や、様々な体験、それらすべてはこの“五感”で
感じて、経験して、記憶として残っているんだそうです。

 

全ては“感じること”にあるとのこと。

 

なるほどな~、だから“五感”に刺激を与えるんですね(*^_^*)
感じ取ることができなければ、何も残らないってことですものね。

 

そして人間の感覚神経には、それぞれが学習するのに適した時期があるんだそうで、
同じ環境であっても、脳が得る影響度はその時期によって大きく異なるそうなんです。

 

今、私がここで文章にしているだけでは、おそらくとても難しいことを学ぶ講座のように思われるでしょう。

けど、実際は全く違います!!

この日は贅沢にも代表の奥村と中村順子講師の3人での講座でした。

2人ともスゴイ!!

こどもの脳の発達段階、それに応じて経験させること、その心理、
すべて自分で勉強し、難しい大学の講義のようではなく
母として、指導者として、自分の言葉で楽しく伝えてくれます。

この日、私は完全にひとりの母親として講座を受けていました。
そして2人から教えられることで、とっても心が軽くなりました!

何より楽しい!!

もちろん勉強ではありますが、講師が一方的に話す講義ではなく
ディスカッション形式…もっというとママ達が集まって不安を語っているところ
救世主である奥村と中村講師が、『あるある、そうよね~!そんなときはね…』
みたいな感じで理論的にこどもの発達と心理を教えてくれるのです(笑)!

まだ、1講座受けただけですが、今後の講座がものすごく楽しみになりました!

そして、エデュケーターの資格を取るということに特化せず
これは世のママ達にはとっても有難い内容の講座だと改めて感じました。

そして、現在の教育現場にももっと組み入れていくべきことだと
少々危機感すら覚えるほどに必要性を感じました。

 

エデュセンスのスタッフである私が、このようなことを書くと
身内びいきのように聞こえるかもしれませんが(笑)、
正直に自分の感じたことを記事にさせてもらいました。

何より私は、このようにこどもの発達を理論的に述べることに関してはズブの素人ですので…。

この講座は、こどもに携わる仕事をしている人は絶対に受ける価値があると思います!
そして、子育てに悩んでいるママたちも!!

私も、その1人です!

人間の発達を理論的に知ることで、自分が息子に求めていることが
彼にとってはただの無理難題でしかなかったこと、
自分の言葉がいかに彼を傷つけていたかを知りました。

そして、深く反省…。。

帰って思わず長男に、『ママ、変わるからね!』と言ってしまうほど(笑)。

 

うん…、こんな素敵な思いになれる講座、もっと広めたいと心から思いました。
なので、これからもエデュセンスのためになるよう、しっかり働きたいと思います!!

 

長文読んで下さり、ありがとうございました!!

カテゴリ

アーカイブ