ピカソプロジェクト | こどもの豊かな創造性と表現を引き出すアート教育

お知らせ

一分一秒が大切な成長☆知育プレスクールはぐみぃー☆

今日は私も大好き「ポポンピポンポン♪」という絵本から始まりました!

いつも、はぐみぃーの順子先生が読んでくれるリズムと違うので初めはみんな「?」が頭の上を飛んでいましたが^^

みずほ先生の読んでくれる「ポポンピポンポン」も楽しくてこども達とても嬉しそうでした(^^♪

ポポンピポンポンは、おへそはどーこだっていうおへそを探す絵本。

みんなのおへそは見つかったかな??


■みずほ先生から■

{DA7693B7-F536-4909-9446-508A1D46D9FA}
<<ことば>>
 
*こどもにとって〝言いやすい〟言葉
 
「マ ・ プ」
 
小学校の時に、唇の両端に指を突っ込んで「ブンチン」って言ってー!という遊びが流行りませんでした?
 
 
マ行とバ、パ行は、唇を密着させないと正しく発声できない音で、大人は苦手な人が多いのですが、こどもにとっては最も簡単な言葉なんです。
 
 
言葉に苦手意識を持っているこどもが意外と多いこと、新しい子が多いことから、今日は「こどもにとって」言いやすい言葉を勉強しました。
 
ことばのお稽古が苦手なコも、ちゃーんとできていましたね!
 
 
{23D732BB-205E-43AB-8919-748F7C7228C1}
<<色とカタチ>>
 
おへそにまつわる絵本を読んで、自分のおへそをチェックしてから、図形の中におへそを描く。
というお絵かきをしてみました。
 
丸だけじゃなく、四角、三角、ぐにゃぐにゃの図形。
 
それぞれの中心に小さな丸を描く、という作業から、好きに発想を広げてもらいます。
 
おへそを繋げる子、おへそを囲む子、全て塗りつぶす子。
 
更にはおへそしかない絵や、図形の中に複数のおへそを描く子。
カレーパンマンに変身する子。
 
ひとつ「できた」をもらった子から順に、先生の笑いや関心をとるために必死で創作に励むはぐみぃーキッズに、今日もたくさんの素晴らしい未来をみせてもらいました。
 
課題は、ひとつの通過点に過ぎません。
 
その課題から生まれる新しい発想こそ、イノベーションの基本です。
 
今日も素晴らしいイノベーター達にたくさんの感動をもらいました。
 
一分一秒が大切な成長ですね!
 

今日のはぐみぃーの様子はこちら→知育プレスクールはぐみぃー☆
 
 
初めに描く図形は同じはずなのに、そこから一人一人違う物語が膨らんできて、全く違うアートが生まれます。
みんなの作品を見れるということは、こども達一人一人の違いを発見することが出来ます。
その時間が私たちはとても楽しいんです☆
みんな今日もありがとう(*^^*)
 
 

アートを通してひらめきと表現力が育つピカソプロジェクト☆彡

まるちゃん先生

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

合同会社エデュセンス&ピカソプロジェクト㏋はこちら

 
 

カテゴリ

アーカイブ