ピカソプロジェクト | こどもの豊かな創造性と表現を引き出すアート教育

お知らせ

【北の国から日記】お野菜ぱりぱり

【お野菜ぱりぱり】

北の国からこんにちは!
あすか先生です。

秋といえば、食欲の秋!
北海道は除雪に追われる地域もあり、
あったかーい鍋がおいしい時期です。

そんな鍋の主役、野菜さんたち!
今日はそれらをじっくり観察してもらいました!

捨てられてしまう、皮。外葉。
料理される前の野菜が、
どんな形か、色か、知ってる?

そう問いながら、みんなと野菜を
にぎにぎ。ぱりぱり。ぴりぴり。

「先生!これ白菜めっちゃぼきっておれる!」
「玉ねぎの皮、なんかおいしそうなにおい~」

子供たちに目を閉じてもらい、
キャベツの外葉と、白菜の葉を渡して
感触で「どっちでShowクイズ」をやったり(笑)

小さな大根を折ってみれば、
「からいー!大根おろしの匂い~!」

丈夫な白菜の芯は、
ぽきぽき、ぽきぽき、無心で折ってしまう。
真っ白な芯から出てきたのは、
みずみずしい切り口。
白の中に緑の繊維が見えるね
実は薄―い皮でおおわれてたんだね

どの野菜をとっても、
驚きや楽しみの声がたくさんがありました。

6年生ガールは
「白菜って、緑一色じゃないんだね」
と、葉っぱのグラデーションの研究。

選んだ野菜の形を紙に映して、
動物を想像したり。

視覚、触覚、フル活用!
たのしく野菜で学んだワークでした♪

カテゴリ

アーカイブ

2024

2023

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2011