ピカソプロジェクト | こどもの豊かな創造性と表現を引き出すアート教育

お知らせ

きみのひきだしに、アイデアを ~

ママがおねつだ。
パパはしゅっちょうだ。

ママに「おうどんをつくって」とたのまれた。
やった!
ずっとママのおてつだいをしていたから、
おなべがどこにあるかも、ひのつかいかただって、ぼくはしってる。

ママにつくりかたをきいたけど、むずかしい・・・
そうだ!
えをかいたらいいんだ!

ママがみてる、おりょうりのほんみたいなの、じぶんでつくればいいんだ!

よし!できた!
おとうとは、おはしをならべるのをてつだってくれた。

ママもとってもおいしいっていってくれた。
ぼくとくせいだから、きつねのおあげさんは2まいだ!

こんどはパパにもつくってあげよう!

うどん

 

《おうちのかたへ》

このエピソードは、我が家のある夜です。
体調を崩していたので、長男におうどんづくりを頼みました。

当初は、キッチンに私も立って、
彼が一つの工程を終えたら次の工程を教え・・・という風にしていこうと思っていたのですが、
長男に「最初から出来上がりまで、全部教えて」といわれ、
横になったまま「おおきなおなべにおみずをいれて・・・」と話していました。

そして、できたのがこのレシピ。
レシピを見せに来て、「これでいいよね?」と確認をしたうえで
冷蔵庫に貼り付けて、何度も何度もレシピを見ながら
自分で完成させてくれました。
これも、表現力。
むずかしいことや、意思疎通のために、絵をかこうと思ったそのことが、
「ひらめき」だなと思った体験でした。

Written by 脇田真紀子

makiko

カテゴリ

アーカイブ

2024

2023

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2011