ピカソプロジェクト | こどもの豊かな創造性と表現を引き出すアート教育

お知らせ

きみのひきだしに、アイデアを ~ぼくは、くろがすき

ぼくはくろがすき。

このまえ、ぱぱとみたえいがのめちゃくちゃかっこいいおにいさんのようふくがくろだった。
たかいビルから、しゅーっておりても、へっちゃらなおにいさん。

あと、じょうききかんしゃもくろだ。

くろって、かっこいい。

だから、おえかきはぜーんぶ、くろでかく。
おそらも、ひとも、じめんも。

でも、ママは「ほかのいろもつかいなさい」っていう。

かっこいいのにな~。

くろ。

kikansha

《おうちのかたへ》

こどもたちの創作活動を見守る保護者の方に、
ご相談を受けることがあります。

「うちの子、黒しか使わないんです。」
「黒しか使わないって、精神的に何かあるのでしょうか?」

色彩心理では、黒は「不安・おそれ」などの象徴とされているので、
そう思われてしまうのかもしれませんね。

だからか、ほかの色を使うようにこどもに勧める保護者の方もいらっしゃいます。

でも、特に男子。

黒が好きな子って、結構多いんです。

ランドセルも、いろいろな色があるけれど、
やっぱり黒が一番人気だと聞きます。

スパイや、機関車や、ヒーローや、時代劇の甲冑。
意外に黒はよく使われています。
そして、かっこいい印象なんですよね。

私の長男は、マイケル・ジャクソンのBADの衣装の影響で、
一時期黒しか着ませんでした。

でも、大丈夫。
黒しか使わない = 精神的に・・・

って心配する前に、一呼吸。

してみてくださいね。

 

Written by カラーリスト 脇田真紀子

makiko ピカソプロジェクト 企画・制作担当

AFT1級カラーコーディネーター。
プライベートでは2人の男子の母。
こどもがだいすきな遊びに、色彩学の種をプラスするのが得意。

カテゴリ

アーカイブ

2024

2023

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2011