ピカソプロジェクト | こどもの豊かな創造性と表現を引き出すアート教育

お知らせ

表現力の未来を見据えて…~ピカソプロジェクトの使命~

140221a 

 

「こどもの表現力を狭めるので、何も手を出さないのが良い」
という意見があります。

確かに、口を出さないと、こどもたちは
自分たちの中に今、あるものを使って表現できるでしょう。

 

「今」ではなく、「未来」をみると、
『導き』

 

は必要です。

 

はさみの使い方を伝えると、こどもたちは破る以外の表現力を身につけます。

「キライだと思っていた色」を使うように導くと、
キライだという思い込みが、ポロリと落ちることもあります。

すると、その次からは、その子の選択肢が一色増えます。

 

ビカソプロジェクトは、
こともたちの中の引き出しに、
一粒の種をいれることが、その使命です。

カテゴリ

アーカイブ

2024

2023

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2011