ピカソプロジェクト | こどもの豊かな創造性と表現を引き出すアート教育

お知らせ

6月の現場ラッシュでした

皆様お元気ですか?
暑い日が続いていますね。

「暑さ」を感じる触覚に今日も感謝します。
先日も、教育学の素晴らしい先生が「教育とは生きた五感体験の上に成り立つものである」とおっしゃっていましたね。
ピカソプロジェクトのお約束、その一番にあります「五感を喜ばせよう」を、みなさんも日々意識されてみてくださいね。

さて。ピカソプロジェクト、今週の現場は3つありましたよ。
(教室をいれるともっとたくさんですが)

6月17日土曜日は、ピオレ姫路で「父の日スペシャル〜ありがとうってなにいろ?」フォトメッセージカードづくり

写真の撮り方のコツをお伝えして楽しいメッセージカードを作りました。

6月18日日曜日は、
1.アリオ蘇我で「梅雨に負けるな!光の不思議を楽しむ傘づくり」を実施

アートでリニューアルプロジェクト推進中のアリオ蘇我で、親子でアートに取り組む様子をご覧いただきました。

2.うめきたガーデンでは、ベストファーザーコンテストに絡め、施設で過ごすこども達に参加してもらって「自分専用えんぴつ造り」を実施

こどもたちのお迎えから始まり、総勢90名のこどもたちと鉛筆づくりを楽しみました。

院卒の代表が率先してお話を聞かない姿勢をこどもに見せるなど、苦笑してしまうシーンもありましたが、可愛いこどもたちの真剣な顔や、もっとやりたい。の声に感動いたしました。

後半にはスポーツのミズノ様主催による「新聞飛ばし遊び」もはいり、新聞という、情報を頂いたあとは遊びの種の宝庫となる素晴らしいツールをこどもたちにご紹介できました。

こちらのイベントは、性質上こどもたちの姿をお見せすることができませんので、
イベント終了後の…美味しい一杯を…

これはお持ち帰りさせていただきました。

こちら、レナ講師も飲んでる振り
ですが
美人なのにオヤジ、いいですね。

マミ先生は、不意打ちのショットですがこの美しさです。

いつも自慢しておりますが、当プロジェクトの講師陣は、美人揃いです。
そして、ユーモアとウィットに満ち、こどもへの愛と表現を引き出す技術に秀でた方々ばかりです。

現場にお呼びいただける際は、その辺りもおたのしみいただけますこと、間違いなしですよ。

カテゴリ

アーカイブ

2024

2023

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2011