私たちについて

〇私たちについて

私たちエデュセンスは子育てをする母親が集まって立ち上げ運営している会社です。
自分のこどもたち、そのまわりの環境、日本という国、世界…と視野を広げてみたとき、テストの1点2点ではなく「自分で考えて伝える力=表現力」を伸ばすことが大切なのではないかと考えました。

そこで「こどもたちの表現力を伸ばす」ことを目的としたイベント ・ワークショップによって、こどもたちの未来がより豊かになるよう取り組んでいます。
また弊社には大阪総合保育大学大学院所属し最新の教育・保育を研究している者、ワークショップデザイナー育成プログラムを修了した者、文部省認定ファッションコーディネート色彩能力検定1級保持者がおり常に新しい知識と技術を取り入れています。

〇ピカソプロジェクトをはじめた理由

代表の奥村は20年に渡り、こども向けエンターテイメントイベントに関わってきました。
たくさんのこどもたちと触れ合う中で "自由に" ができないこどもたちに出会い、どうしてだろう?と疑問を持ちました。
そんな風に世の中を見てみたとき「こどもたちに自由にさせてあげられない環境」が広がっていることに気づきました。

そこで「お家ではできない体験を通して、こどもたちが自由に表現できる場を作ろう」とピカソプロジェクトを立ち上げました。

〇ピカソプロジェクトのロゴについて

ピカソプロジェクトの語源は「ピカ!」の「素」です。ひらめきの素を育てセンスと表現力を養う活動です。

メインキャラクターとして「歩くひらめき」が採用されており、アナグラム風ロゴ体の上にキャラクターが配置されているものがメインシンボルとなります。

またこのマークについては商標登録がなされています。
カラーリングは色料の三原色「C・M・Y」をメインカラーとしたもので、全ては「基礎が大切」という意味も込められています。

〇ワークはすべてオリジナル

各シーズンごと、各施設ごと、来場してくれるこどもたちに合わせたワークショップをたくさん生み出しています。

その中には実用新案に登録されている「くるりん色パレット」もあります。

くるりん色パレットは難解な配色理論を小さなこどもでもすぐに理解し、さらにそれを使って色を選ぶことで新しい色の使い方に自然と触れ合うことができます。
一般的にはこどもはお絵かきの時には「好きな色」を選ぶことが多くそれ以外の色の選び方を学びません。
このパレットを使って新しい色の選び方を知り、こどもたちの世界が少しでも広がることを願っています。